外貨建終身保険!?

まっちゃんの楽天市場おススメ集めました

以前かいた こちらの投稿

複利計算、単利計算!複利効果?

覚えている方もいるかもしれませんが、

この中で 10年で2倍になる商品の 答えは??

ドル建ての一時払い終身保険だったようです。

(米ドル、豪ドル あるようです)

これを聞いたとき、単純に 難しそうな商品だな・・・

と思いました。

今回 少し勉強して 私なりに理解したことを書いてます。

外貨建て一時払い保険とは

契約時に まず保険料の相当の円を外貨に両替して、保険料を支払う。

支払った保険料は 外貨で運用し、10年で保険期間が終了すると、

収益分が上乗せされた満期金を外貨で受け取るもの。

保険という名前ですが、どちらかというと投資商品のイメージです。

ポイントは

①『外貨建て』というだけあって、保険金も保険料も、積立金の運用利率も

外貨ベースになる

②日本は低金利だから、利率の高い外貨で運用している

③外貨建てなので 日本円で支払い、受け取りの際、

両替が必要(手数料も必要だし、為替の変動の影響をうけることになる)

う~ん、これだけ見ても 私は おすすめは出来ないような気がする

と思いました。その理由は・・・・

●為替リスク 

受け取る時、円安になっていればいいけど 10年先の為替動向、

どうなっているか分かりません。

そのまま外貨で保有出来ればいいけど、どうなんだろう。

保険会社に外貨で預ける?というのは 難しいと思います。

●一時払いのデメリット

一時払い ということは 途中解約すると ペナルティが大きいはず。

子育て世代には向かないと思う。

お金が必要になったとき解約しようとしたら元本割れ。悲しすぎる。

流動性がない!というのは大きなデメリット。

●手数料が高いのでは?

外貨建て保険は手数料が高い!

以前、外貨建て保険、銀行の窓口で販売していて手数料が高い!という

記事を読んだと思う。そしてトラブルも多い?

銀行窓口や保険外交員が売るような商品は やはり手数料が高いのでは?

その人たちの給料はどこから出ているのだろう??などと考えてします。

友達が言っていたのは 

『ほとんどは安全運用で、一部を米国株式・・・』という話しでした。

これについては、分かりました。

外貨建て保険、運用は外貨建て国債が中心のようです。

だから 『ほとんどは安全運用』という言葉がでてきたのでしょう。

米ドル建てならが米国債です。確かに日本の国債より利率がいいです。

それなら 難しい 外貨建て保険を一時払いで購入するより

直接 米国債を一時払いで購入した方がいいような気がします。

ネット証券でも SBI証券やマネックス証券でも取り扱いがある、

ゼロクーポン債です。直接買えば手数料は安くなるし、

証券会社なら満期時円高なら 外貨建てMMFをそのまま購入、

円安時に円へ戻すことも出来そうです。

以上、外貨建て保険について、私なりに理解しました。

この商品、私はやっぱり買えないし、おススメ出来ないです。

なんとなく銀行で購入したから安心、FPに勧められたから安心とは

言えません。

今回のことは 私も もう少し勉強してみたいと思います。

私のポリシーとして、保険と資産運用は別!

資産運用はシンプルに。

ETFは 1550 MAXIS 海外株式

    1348 MAXIS トピックス

積立NISAもしていますが、上の組み合わせとほぼ同じです。

分散投資していないといえば、そうですが💦

あとは預金でクロス取引しているくらいかな・・・

(ちょっとだけ、株主優待目的の株式を保有しています)

セゾン投信積立、これもありました。

これはバランスファンドでずいぶん前からなのと、

少額だから放置しています。

やってないと言いつつ、これだけある。

私も 自分にわかる範囲の保険、運用を心がけたいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。