ふるさと納税 やっぱりワンストップ特例制度?

まっちゃんの楽天市場おススメ集めました

時々 紹介している ふるさと納税 していますか?

ふるさと納税をしている人は 意外と少ない!ある調査によると20%?くらい?

ということも書いてありました。

とてもお得な制度なので、もしやったことがない方はこれを機会にチャレンジするのも

いいかと思います。

改めて

ふるさと納税 どのような制度かというと。。。

好きな自治体に寄付する制度です。

まさに ふるさと、生まれ故郷もよし、お得な返礼品があるでもいいでしょう。

寄付した金額のうち2千円をこえる部分は所得税の還付、住民税の控除が受けられます。

では、

手続きの仕方は??4ステップです。難しくないです。。。

①自分の寄付の上限を調べる(下のリンク 参照してください)

https://event.rakuten.co.jp/furusato/mypage/deductions/?scid=wi_ich_furusato_secmedia_pc_02

ここで、年収、家族構成、扶養家族を入れるだけで ざっくり 上限がわかります。

②寄付する自治体を選ぶ(ふるさとチョイス、楽天ふるさと納税などたくさんあります)

もう、選ぶの面倒!!という方は、ふるさと納税ランキングから選ぶのもいいですね

また、生活必需品のコメ。今から新米がでるので いい時期です。

【ふるさと納税】はえぬき 5kg×2袋 計10kg 令和2年産米 山形県庄内産 ご希望の時期頃にお届け ※着日指定不可

【ふるさと納税】2020年産 たっぷり新米20kg! 「清流寒河江川育ち 山形産はえぬき」 <今年秋配送> 令和2年産米(クラウドファンディング対象)

③受領金証明書が届くので保管

④寄付金控除をうけるため確定申告 (原則2/16~3/15迄)

寄付金控除の還付申告だけなら2/16以前でも受け付け可能です。

以上の4ステップで 完了となります。

確定申告をしないワンストップ特例制度を使う方法もあります。

やり方は、寄付する際 ワンストップ特例制度を使います!

と申告します。そうすると、寄付金税額控除に係る申告特例申請書を

自治体が送付してくれます。

それに必要事項を記入して、寄付した自治体に送るだけです。

ただ、寄付できる自治体が5か所に限定されます。

個人的には、確定申告のほうが自治体5か所の制限がないのでいいと思います。

確定申告だと医療費控除も一緒に出来ます。子供の歯の矯正を考えている場合は

医療費控除の対象になるので、この際 確定申告に触れるいい機会だと思います。

と ここまで 書いたのですが。。。。

ふるさと納税をしない人の気持ちが少し分かった気がします。

確定申告書の提出方法が

①etaxで申告書を送信(マイナンバーカード&カードリーダー必要)

②国税庁のホームページで入力→印刷→提出

(税務署へ行く または 郵送)

③ID&パスワード方式でetax送信(カードリーダー不要)

(税務署へ行き、確定申告用の専用の番号ID&パスワードを発行してもらう)

私は②印刷して 市役所にできる臨時窓口で提出しています。

この3択が難関なのかも。

納税自体は スマホで完結するけど、PC持ってない、

プリンターを持っていない、カードリーダーは持っている人さらに少ないでしょう。

③の方法は、新しい方法です。スマホで申告!できるが売りですが、税務署へ一度行かないといけません。

自分の所轄税務署ってどこにあるの??って大半の人は思うのでは???

そうなると、やはりワンストップ特例制度を使う という選択になると思いますが、

だけど5つの自治体。。。結構厳しい。。。。

コメも、肉も、魚も 全部いい!そして酒もある?という

自治体なかなかないのでは?

日本は東西南北、地域に特徴がそれぞれあります。

このたくさんある地域から

5つの自治体を選ぶのは難しいし、面倒かも。

ただね、自分の住んでいる自治体の収入が減る。。。など

主義、主張がある場合は

また別ですが、特に理由がない場合は、結果的に家計は助かり、

食卓も豊かになるので チャレンジしたほうが

いいと思うのですが、どうでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。