夏休み!インド式掛け算 特訓中♪

まっちゃんの楽天市場おススメ集めました

夏休みもそろそろ 秒読み段階です。

本当は 昨年にやりたかったのですが、

小2では掛け算は 習ったばかり??だったので延期していました。

何か??というと、

インド式 かけ算 19×19  です。

ずいぶん前に聞いたことですが、

日本では 九九は 9×9までですが、 

インドでは 19×19 まで やるようです。

インドと言えば、IT最先端で、エンジニアも超優秀!とよく聞きます。

やっぱり原点は算数でしょう。

算数が得意!!に ちょっとでも近づきたい・・・

ということで、今年は満を持して

19×19 までの インド式?掛け算にチャレンジしたいと思います。

早速、単語帳を作ってみました。

(単語帳は ダイソーで 3組110円のものです。安い!)

昨日からですが、はじめてみました♪

11~19の段まで ありますので、今は 順番通りに

3つに分けています。

ここで 丸暗記 出来ればいいのですが・・・それはツライです。

ということで 

簡単な計算方法を確認してみます。

実生活&脳の活性化?にも 役に立ちそうです。

大人も、子供と一緒にチャレンジしてみましょう。

計算の仕方

【例】  17 ×  18 = 306

 かけられる数 × かける数

① 17 + 8 =  25

かけられる数に、かける数の1の位の数を足します。

② 25 × 10 = 250

①で、出た数を10倍します。

③  7× 8 =   56

一の位どうしを 掛け算します。

③ 250 + 56 = 306

②と③で、出た数を足します。

どうでしょう??

説明が下手ですが、これを覚えておくと、

19×19までの掛け算は 暗算で出来ます。

とても 簡単です。しかし

どうして こうなるか?? 一応 考えてみましょう

さっきと同じ 【例】 で 考えてみます

 17 × 18 

=17 × (10+8) ← 18を 10と8にわけます

=17 ×10+ 17× 8  ←かっこの中を出します

=17 ×10+ 10× 8+ 7×8  ←後ろの部分を 分けて考えます

=10×(17+8)+7×8  ←前部分を10で くくります

 ↑ここで、計算の仕方 に出てくる 式と同じになりました。

=10 ×25 + 56

=306

以上、慣れれば、すぐに答えが出てくるようになります。

そう、19×19 までは 暗算でかっこよく決めてみましょう♪

うちの子どもは昨日から始めましたが、面白い!!と

言っていました。

掛け算と足し算のみです。

でも 知っていると、ちょっと便利だし、カッコいいと思います。

長い夏休み中、この九九めくり(単語帳めくり)

ぜひ、ご家庭でどうでしょう???おススメです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。