早生まれって不利?早生まれに負けない!

まっちゃんの楽天市場おススメ集めました

本日は久しぶりに新聞ネタで!

朝日新聞 EduA に載っていた記事が興味深かったので 

それについて書いてみたいと思います。

早生まれ(1/1~4/1生まれ)の子は不利?という特集です。

東大の山口先生のお話が出てたので、簡単にまとめます。

早生まれの影響は想像以上に長く残る!

というものでした。

研究では、

①入学した高校の偏差値の平均がどう違うか調べたところ、

早生まれの不利は 入試の段階でも続いていることが分かったというものです。

②30歳~34歳の所得を比較したところ、早生まれの方が約4%低いという

結果も出たということでした。

もっと知りたい!という方は 山口先生、こちら近く本を発売されるようです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

子育て支援の経済学 [ 山口慎太郎 ]
価格:1870円(税込、送料無料) (2021/1/13時点)

楽天で購入

 

こちらの本はすでに発売になっているようです。私も読みたいと思います。

 

~まっちゃん コメント~

正直に言えば、そんなに差がでるのか?と思いました。

それと関係あるのかないのか?

私の友達の中学校では 体育祭の組み合分けを

どういうわけか?生まれ月で分けて対抗戦をしていたそうです。

春組(4~6月生まれ) 夏組(7月~9月)

秋組 (10月~12月)冬組(1月~3月)です。

人数はいい具合に分散されてよかったようですが。。。

これで対戦すると、毎年優勝するのは決まって、春組か夏組だったそうです。

ふと、そんなことを話していたのを思い出しました。

対処法も出ていました

早生まれ、ちょっと不利!と感じる方が多いようで、

塾に行っている子や勉強時間は、早生まれの子の方が多いようです。

その分、外遊びやスポーツ、芸術活動の時間が短かくなるので、

非認知能力(目標や意欲、興味・関心をもつ。粘り強く、仲間と協調して取り組む力など)

の向上が遅れてしまうようです。

学力だけに偏らず、親は非認知能力にも目を向けることが重要とありました。

~まっちゃんコメント~

早生まれの子のママ!私の友人にもいます。

彼女は、彼女自身も早生まれだったので、

『早生まれ、やっぱり影響はあると思う。うちは高校受験くらいで

みんなに追いつけばいい!と思っているよ。』という話をしていました。

その為か、子どもの習い事は 私より一歩先に進めている感じでした。

今思うと、彼女なりに考えてのやり方だったのだなぁと思います。

新聞には 佐藤亮子ママ(4人の子が東大理Ⅲへ)の記事も出ていましたが

早生まれ不利!の研究結果を不安に思う必要はない。

必要なら、何事も半年早く始めればいい!と考えたそうです。

(お子さん2人が早生まれだそうです)

今回、この特集を読んで、遅生まれ?早生まれ!に関係なく 

自分の子どもをしっかり観察して、その子に合った子育て!を考える。

足りないところは、それを補う方法へ導くことが必要だと思いました。

そして 学校では この生まれ月による特性を理解して、

クラス編成などがされればいいと感じました。

特に小学校低学年では差が顕著で、場合によっては

クラスを分けた方がいいのでは?と思います。

実際、スポーツの世界では、クラス分けとは少々違いますが、

早生まれ選抜!のようなものもあるようです。

(サッカー元日本代表の内田篤人選手はそのような方法で選抜されたとありました)

このような事も知らないと知っているのでは、だいぶ安心感も違うかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。