算数パズル道場 これが中学受験に強いの?

まっちゃんの楽天市場おススメ集めました

土曜日ですが 算数パズル道場親子体験会に行ってきました。

これは、夫が急用の為、仕方無く行った次第です。

でも、行ってよかったと思います。

自分のメモ記録として、ここに投稿したいと思います。

講演して下さったのは 山下善徳先生です。

山下先生、家に帰ってから調べたところその界隈では有名な、

パズル道場考案者の先生です。

先生の話の中で、

一番ショックで、確信したこと。

学習には、覚えること と 考えること これを

両建てでしないと学力がつきません。

しかし、学校では 覚えることが中心で、

考えることは、少ししかしていません。

それでは学力つきません。

これ、単純に共感しました。

学校の宿題で 計算カード毎日やっているのですが、

あれは意味があるのか??

子供をみてると、なんとなく惰性でやっていて、

しかも答えを丸暗記している?のか 考えているようにみえません。

私が『計算カードするくらいなら、交差点信号待ちしている時、

車のナンバープレート足して何台分出来たか教えて!』と

言ったら、すごく嫌な顔されました😅

勉強って、瞬間瞬間、集中しないと全く意味がないと思います。

ただの計算、それでもです。

そして、こんなことを言うと批判されそうですが、

私の中で、計算は正確さは必要だけど、

ある程度の速さで出来ればいい。

問題をそれなりにこなせば自然と早くなるでしょう。。。

それより、ハイレベ100など、これらの問題をイメージで

解けるようになって欲しい!と思っていました。

こちらの問題集です。考えないと出来ません!

夏休み終了!やってよかった問題集

久しぶり~ 算数 最レベ!にチャレンジ♪

今回の先生の話しで やっぱり ただ計算ドリルをやらせればいい

という訳ではなかった!

思考力、考える問題をやらないと学力はつかないと確信しました。

そして こんな話しもしていました。

偏差値が高くても 志望校に落ちてしまう子

偏差値が低くても 志望校に合格した子

それには ある種の傾向があった!

何かというと、図形の問題です!

図形の問題が 出来る子は 偏差値が低くても受かりやすい!

ということが多くあった。

中学受験では、伸びしろがある子が求められています。

図形の問題がよく出来るということは、

イメージ力に長けているということになります。

大人だってイメージ力、大事です。

例えば、料理。

どのような順番で、作ったら 温かいものは温かく出せるか?

また、ガスコンロが2口しかない。

どの順番で作ったら、効率がいいか。

(うちは炊飯器がなく、圧力鍋でご飯炊いてます!

よって 切実に、私は毎日 考えています💦)

料理はイメージ、段取り力とも言えますね!

✴追記✴

いわゆる おバカタレントで売り出し中だけど、料理企画など

すると 段取りよく進められる人がいます。

それを見ると 私は

『あ~この人は本当は頭が良いけど、おバカを演じているんだなぁ』

と思うことがあります。

それはそれでいいと思います。が、

あまりテレビを信用しすぎるのは危険だなと思います。

話が反れましたが、ここまで読んで

うちの子は、図形 苦手。。。と心配になる必要はないそうです。

イメージ力、考える力は、スポーツと同じで鍛えることが

可能だそうです。

興味があるかたは パズル道場、検索してみて下さい。

(他にも言いたいことがあるのだけど、それはまた今度の機会に!)

そして、実はちょっと なるほど。。。ビックリ!!と

思うことがありました!

これについては、また明日以降、書きたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。