先生若い~。だから?個人面談!強烈だった

まっちゃんの楽天市場おススメ集めました

昨日 子どもが帰ってきて、一通り話しを聞いていたら、

T先生(担任)9月に誕生日があって 

『26歳になるんだって!』と言いました。

 

『え!▪▪▪そうなんだ』としか言えなかったけど

 

そんなに若かったのか!驚き😲‼です。

先生の方が若いと、あれこれ言いたくなることも

あるかもしれない。。。

 

でも ここは広い心??で様子を見ようと誓いました。

 

というのも 夏休み中に個人面談があったですが。。。。

 

夏のためか、このご時世だからか 廊下側の窓も全開で

話しが丸聞こえです😅

 

前の人、どうも先生にクレームをつけている様子。。。

 

保護者

『うちの子は⭕⭕君の隣か、すぐ近くの席にして欲しい。

そうでないと、元気が出ない。実力が発揮出来ないんです!』

 

先生

『席については、目が悪い、勉強が苦手で指導が必要など

いろいろな要素があるので 一概に いつも近く、

隣でというのは難しいです。

新しいお友達とも積極的に仲良くすることは難しいでしょうか?』

 

保護者

『それでは、うちの子は学校生活を楽しめないと思うんです』

 

こんな押し問答?話しが続いて、私の面談時間になっても

終わらず、私は20分くらい待つことになりました。

 

これが 『いじめられているから、◯◯くんとは

席を離して欲しい』なら分かるけど、

ちょっと無理がある要求だよね。

 

先生がもう少し年齢を重ねていたら。。。。

ここまで 保護者から言われなかったかもしれません😅

 

また この方はご夫婦で来てました。

もちろん?発言してたのはママです。

母、強し⁉ってここでは使わない方がいいね💦

 

聞いていて、若い担任の先生でも普段自分の子どもが

お世話になっているのは間違いないのだから、

年齢に関係なく謙虚さが必要でしょう!と思いました。

 

結局、先生も人間だし。

こんなことを言われても、先生どうしようもないでしょう。

 

どんな先生も、志あって先生になり、子どものよいところを

探したい、うまく伸ばしたい!と考えていると思います。

というか、そう思いたい😆

 

そんな中で 『若くて頼りない~』 『ちょっと苦手かも~』

とマイナス思考になると、どんどん先生を責めるように

なってしまいます。

 

私はその先生のいいところを探したいなと思いました。

 

たとえば今回なら、子どもにとっては 

『元気なお姉さん!』『一緒に元気に遊べる!』などなど。

 

その方がお互いに心が平穏で、プラスな関係を築けそうです😆

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。