枝豆は 簡単!時短!フライパンで

まっちゃんの楽天市場おススメ集めました

毎日暑くなってきました。

夕方になると、ビール飲みたくなりますね。
この時期、ビールのおともといえば、やっぱり 枝豆!

枝豆とビールは最高の組み合わせです。

ビールと枝豆をいっしょにとると、アルコールの分解をたすけて、
肝臓への負担も軽くする効果があるそうです。

それに から揚げを食べるよりは枝豆のほうが

ヘルシーだし罪悪感も軽そうです。(^^♪

そんないいこといっぱいの枝豆。

今まで 熱湯で ゆでる というのが

基本だと思ってましたが、

今の時期 たっぷりのお湯 って

つらい(;´Д`)。   できれば避けたい~。

調べてみると、いい方法がありました。

名付けて 焼き枝豆

作り方はとても簡単♪

1 枝豆は洗って水気をきる。塩を揉みこむ。

産毛??みたいなのが取れて食べやすいとおもいます。

2 フライパンに枝豆をいれる。焦げ目がつくまで焼く。

ふたをして 弱火にして5分くらい蒸し焼き。

以上 出来上がり。

お好みでオリーブ油をかけてみたり、唐辛子をちらしてペペロンチーノ風にする人もいるようです。

困った??点は 結構、焦げます。私が焼きすぎなのか?💦

フライパンも塩でこげます😅

だから 古いフライパンで作っています(;´Д`)

でも、熱湯でゆでるより はるかに時短です。

ガス代の節約にもなりますね!

暑さも短時間なら我慢できるレベルです。

この蒸し焼き枝豆。

栄養的にもいいことづくめです。

枝豆のビタミンCは熱には強いけど、茹でると5割近く流失します。

でも蒸し焼き枝豆なら、ビタミンCの残存率は茹でた時の約2倍!

しかもビタミンB群などの水溶性ビタミンや

むくみを取るカリウムなどのミネラルもそのままです。

代謝を上げる効果のある酵素「モリブデン」は、

茹でた場合ほぼ流失しますが、蒸し焼き枝豆なら茹でた時の

300倍もの量が残ります。甘みもぐっとアップしてお得です。

ちなみにちょっと時期はずれますが、そら豆もすきです。

春先~初夏にかけてでしょうか?

そら豆は 魚焼きグリルに 大量に並べて、

さやが黒くなる(焦げる)までしっかり焼きます。

そして キッチンばさみでさやを切って

中身を取り出して 食べています。

そら豆もゆでるのが 一般的みたいだけど、

ぜったい焼いたほうが 美味しい!と思います。

今回の枝豆と共通しているのかも、しれないですね。

ということで、この夏は おいしい時短な枝豆&ビールという

最強の組み合わせて、元気に乗り越えたいです😆

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。