熱中症予防 スポーツドリンク飲み過ぎ注意!

まっちゃんの楽天市場おススメ集めました

今年の夏は本当に暑いですね。

コロナ対策で、マスクをつけていいるせいか いつも以上に 暑く感じます(*_*)

私が住んでいる市では
「いつも以上に水分補給を意識しましょう」とメールやら掲示板で呼び掛けられています。

この水分補給ですが、注意点があります。

熱中症対策で スポーツドリンクがいい!と言われますが、
飲み過ぎると糖尿病リスクが
高まるようです。

私の家のとなりに 年配のご夫婦
住んでいます。

暑い時期なので 外に出ないせいか
しばらく会っていませんでした。

つい最近 たまたまお会いしたら

熱中症予防のため、スポーツドリンクを毎日飲んでいたら、血糖値が高くなり

糖尿病になってしまったということでした!

先生からはスポーツドリンクは
水で薄めて飲むように指導されたそうです。

スポーツドリンクで糖尿病?って全然 ピン!とこなかったのですが。。。。

スポーツドリンクの糖分の量

500mあたりl 約30g

ちなみに コーラやサイダーは

500mlあたり 約50g

これ、多いですね‼

ちょっとびっくりしました。

これを毎日2~3本 飲んでたら

いろいろ不味い😥かもしれません。

私の場合 甘いものをとると
ちょっと体がだるくなることが
あります。
だから 疲れた時に 甘いもの!
ってよく言うけど 本当かな??
と思っていたのだけど。。。。

あ、今 調べたら 摂取の仕方によって 逆効果!!と書いてありました💦

空腹時に糖分をとりすぎると血糖値が急上昇します。
すると、ホルモンの一種であるインスリンが分泌され、今度は血糖値を下げようとします。
血糖値が下がりすぎると、逆に疲れを感じたり眠くなったりすることも。
このような状態を「低血糖症」といいます。
糖尿病患者などにあらわれることが多いのですが、甘いものや炭水化物を多く食べると、健康な人でも時々あらわれることがあります。

そう、かえってイライラ😒💢💢

するような気が。

告白すると私 健康診断で
いつも血糖値だけ
C 判定だったりする。。。。

そうそうコーヒーも。
とくにアイスコーヒー 飲むと

胃が重くて、

気持ち悪い(吐き気)ことがあります。

これも調べてみると

吐き気の原因として挙げられるのはコーヒーの代表的な成分『カフェイン』です。カフェインの適度な摂取は『覚醒作用』による眠気防止や集中力の向上といった効果を得ることができます。ですが、カフェインの過剰摂取によって覚醒作用が強まりすぎると、自律神経が乱れてしまい“吐き気”や目眩といった症状に見舞われることがあるのです

なるほど 私はカフェインに弱いのかも。。。。

みんな当たり前のように 食べたり

飲んだりしているけど
万人受けするものでもないようです。

勉強になりました🙂

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。